ラブドールメーカー雑感 Vol.2 オリエント工業

メーカー雑感 2021/08/16

この記事をシェアする

世界最高峰ラブドールを世に広めた純国産!

ラブドールの話題で少し雑学に詳しい方であれば真っ先に出てくるメーカー名はオリエント工業かと思います。

まだ中国製が全く無かった時代、オリエント工業を筆頭にラブドールは高額で金持ちの道楽かローンで買うもの!のイメージが強いシロモノでした。

映画「ロマンスドール」でも全面協力のわが国が世界に誇れるメーカーでその品質管理は他の追随を許しません。

ヘッドもメルヘン系ロリっ子路線を皮切りに「沙織」「りり」といった大人美人の名作も次々と世に送り出し今でも根強いファンがいます。

また骨格の耐久性もすばらしく廃盤になったトルソータイプのアンジェはちょっとやそっとでは壊れない頑丈さがありました。

そんな憧れのオリエント工業製品ですがいくつか難点もあります。

一番に思いつくのが「脇割れ」です。

メーカも同梱の用紙で「万歳禁止!」と万歳はさせないように注意喚起している通り、着せ替え等で万歳した瞬間にパックリ割れます・・・

それともう1つは二の腕等の変色(ブリード)です。

保管環境にもよりますがメンテナンスを怠ると部分的に変色が始まり、自動日焼け人形化の道をたどります・・・

上記のような難点はあってもヘッドのまつ毛植毛やメイクは職人による手作業でそのクオリティーは未だに世界一です。

是非、一度現物で世界最高峰を体感ください!

ブルーティアーズではお手持ちのラブドールの下取り買い替えも行っております。

気になるお見積額はこちら

ツイッター
インスタ

その他の記事

ラブド-ル=変態?!

2022.06.25 ブログ
《ラブド-ル所持者は変態?!》 ラブド-ルの歴史 男性は性的な動物であり、身体的、精神的、心理的な健康のために定期的なセ... 続きを読む

WMのラブド-ルが人気の理由!

2022.06.25 ブログ
《WMのラブド-ルリアルより大きめ?!》 中国の会社WM人形は広州Shaxi市にあります。 ソフトエラストマーシミュレー... 続きを読む

ロリラブド-ルが売れる日本?!

2022.06.25 ブログ
《日本はロリラブド-ルが好きだった?!》 日本では、若い女の子を真似て、高価な人形を持って暮らす男性もいます。 彼らはす... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”