ラブドールの起源について!!

ブログ 2022/06/14

この記事をシェアする

《ラブドールの発祥!!》

ラブドールは、マスターベーションを助けるための性的パートナーのサイズと形の大人のおもちゃの一種です。今日、本物のダッチワイフは大きく発展し、よりトレンディな方法で私たちの日常生活に取り入れられています。関係を築くことは理解から始まります。ダッチワイフの起源についてどのくらい知っていますか?その短い成長の歴史について学びましょう!

ドイツで生まれたラブドーラー

ラブドールは第二次世界大戦中にドイツで生まれました。 「非アーリア系」の女性と恋をするドイツ兵による「高貴なアーリア系」の純粋さの汚染を防ぎ、軍隊での性感染症の蔓延を防ぐため。ヒトラーは個人的に、若い女の子のセクシーな外観をすべて備えている必要がある女性の身体構造に似た「大人のおもちゃ」を製造するように注文しました。具体的には、おもちゃは色白の肌、金色の髪、青い目、高さ1.76で設計されますメートル、ふっくらとした唇と膨満感の胸。

このラブドールは発売直後からドイツ兵に人気がありましたが、鮮度が過ぎた後、兵士たちはそのようなおもちゃを持っていくのが恥ずかしく、膨らませて人形が戦場で連合軍に押収されたと警官は感じました。 、ドイツ軍のイメージが損なわれるでしょう。そのため、計画はわずか1年の実施後に消滅しました。ついにドレスデン爆撃で、秘密の膨脹可能な人形工場も連合国によって粉々に吹き飛ばされました。

登場した最も早い膨張可能な人形

1950年代に、ドイツのビジネスマンは軍のラブドールに触発され、その後、最も初期のインフレータブル人形が登場し、民間人向けになりました。当時、日本人はドイツ人に触発され、ラブドールの研究を始めました。私は、これらの2つの国は、ある種の精神的な生活において本当に共通点があると言わなければなりません。

日本初のラブドール「ANTARCTICONE」

日本のラブドールはもともと、日本の最初の南極探検チームのために設計されたもので、長い科学研究の航海中に圧力を解放して科学研究に集中することができます。日本政府は、科学者と心理学者が協力して「南極のワン」という名前のラブドールを開発するように命じ、それは科学研究チームによって南極に持ち込まれました。この歴史のために特別に研究書を書いた日本人もいます。

さまざまなダッチワイフのブーム

しかし、「南極のもの」は「まったく使えず、湯たんぽとしてしか機能しなかった!」と評価されました。当時の科学研究チームのメンバーによって。そのようなつらい教訓で、日本政府は最終的に南極シリーズのフォローアップ開発をあきらめ、それを民間企業に任せました。

多くの企業が政府の許可を得てダッチワイフの製造に加わり、その後、さまざまな素材や種類の人形がますます開発されてきました。彼らは自由に発展し、競争し、最終的に現在の市場状況を確立しました。

どぅでしたか?ラブドールは人生そのものです!知る人ぞ知る!!知らない人は損をするかもしれないほどです。なのでほかのラブドールについて色々調べてみるのも良いかもしれないですよ!レッツ!!ラブドールとSEX!!

ラブド-ルの高価買取、無料処分はブルーティアーズにお任せください!!

 

各種メーカーのラブドール買い取り、買い替え、買い増し、里親探しはお気軽にブルーティアーズに御相談下さい!!

その他の記事

ラブド-ルで学ぶ心理学!!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールの心理とは!!》 ラブド-ルは、昔ながらの硬いものから非常に柔軟なものまで、間違いなく長い道のりを歩んできま... 続きを読む

ラブド-ルが社会に馴染む?!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが社会の一部に!!》 私たちの人生のある時点で、私たち一人一人がセックスとそれに関連する喜びについて深く考え... 続きを読む

ラブド-ルは何故、忌み嫌われるのか?

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが嫌われる時代が終わるかも?!》 大人のおもちゃ業界は活況を呈しており、シリコーンのラブド-ルは、さまざまな... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”