ラブドールが人に近ずく?!

ブログ 2022/06/03

この記事をシェアする

《ラブドールがA.I化?》

子供の頃、ロボットは産業分野でしか聞こえない言葉でしたが、次第に家庭用ロボットや調理用ロボットにまで広がりました。しかし、性交が人間の永遠のテーマであるように、ロボット産業もこの点で無限に近づいています。

見た目が鮮やかな美しいロボットから、これまでに発売されたセックスロボットまで、ロボットのセックス要素はますます高まっています。見てみましょうどのようにラブドールは、人工知能を適用します。

2010年1月9日、ラスベガスで開催されたアダルトエンターテインメントショーで、ニュージャージーを拠点とする企業が世界初の美しいセックスロボットであるロッキーを発売しました。

ロボットの原型は、身長170センチ、体重54キロ、Cカップ、人間の皮膚と人工知能のオペレーティングシステムを備えた芸術学生で、彼女の皮膚は人間の皮膚に近く、5つの異なる個性を持っています。

同様の人体特性を持つロックシーは、9.11のイベントに触発されました。Lockseyロボットを作る最終的な目標は、死者の再コミュニケーションに使用されることです。セックスロボットなので、恋をするときはベッドとクライマックスを呼びます。何人の男性がそれをコントロールできるかわかりません。

ラブドールのすべての機能に加えて、ロッキーはホストに電子メールを送信したり、プログラムをオンラインでアップグレードしたり、語彙を自動的に拡張したり、他の人とチャットしたりすることもできます。

偶然にも、米国カリフォルニア州のアビスクリエーションズは、人間と一緒に感情を学び、生成する能力を持ち、シングルのセクシーなスペシャルになるハーモニーと呼ばれるセックスロボットも開発しました。

伝統的なエロラブドールの硬い顔や体とは異なり、ハーモニーには、素朴さ、優しさ、セクシュアリティなど、12の性格特性があります。同時に、ロボットは体内にヒーターを備えており、実際の体温をシミュレートできます。

ハーモニーの進化的AIシステムは、最も目を引く機能であり、人間との本当の気持ちを学び、発達させることができます。ハーモニーには、モバイルアプリを介して学習および更新する機能があります。つまり、ハーモニーは性的欲求を発散させるための単なるツールではありません。

セックスロボット技術の急速な発展に伴い、それはまた多くの倫理的な議論を引き起こしました。

社会的受容はセックスロボットの人気の鍵です。セックスロボットがジェンダー関係にどのような影響を与えるかわからないため、セックスロボットはより深刻な社会的孤立につながる可能性があります。さらに、セックスロボットにも治療上の価値があります。

米国での調査によると、20歳から61歳までの男性の3分の2がロボットとのセックスを望んでいます。確かに、これらのロボットは、セックスロボットが性犯罪を減らすのに役立つかどうかは疑わしいですが、関係を確立できない孤独な人や人々に大いに役立ちます。

ラブドールの売春宿は、アジアでますます人気が高まっています。おそらく、セックスロボットの売春宿は、人類の歴史の発展における次の合理的な方向性になるかもしれません。

しかし、科学者たちは将来を予測する際に、この高度な技術の「ダークサイド」を強調しました。これは、レイプや小児性愛などの問題と密接に関連している可能性があります。

現在、市場に出回っているラブドールの中には、従順な性格を持っているものがあり、レイプを助長するリスクにつながる可能性があります。

さらに、国によって法的保護措置が異なります。以前、英国人男性は、子供のラブドール(およびその他のポルノ資料)を所持していたとして投獄されました。しかし、米国では、それらはまだ合法です。

多くのリスクがありますが、最も重要なのは、子供のラブドールの人気が小児性愛のより大きな受け入れにつながる可能性があることです。特に若者はこれを試してみるかもしれませんし、いつの日か彼らは自分の爪を子供たちに伸ばすかもしれません。もう1つの心配な問題は、3D印刷技術の将来は、写真に基づいて同一の顔を作成することは難しくないということです。さらに、最近、スカーレット・ジョンソンのロボットをこのように作った人もいます。

これらのセックスドールやロボットが人間に取って代わるとは思ってもみませんでした。彼は自分でラブドールを購入せず、「肉と血、本物の人間」である妻と子供がいると言いました。しかし彼は、ハーモニーのようなAI技術は、ラブドールの開発において避けられないトレンドであり、人間とロボットの間の相互作用を変えると信じています。

現在、セックスロボットのターゲットグループは主に男性ですが、業界には女性向けのセックスロボットを作成するための多くの新興企業があります。この種のロボットは、親密な関係を築くために使用され、最終的には対人関係に有益です。テクノロジーが劇的に変化するたびに、パニックに陥り、それが人間にどのような影響を与えるかわからない人がいますが、テクノロジーは一般的に人間を近づけます。

マット・マクマレンは元彫刻家でした。彼は、ユーザーがセックス人形を購入するのは、彼らが自己認識を持っていて、彼らが単なるおもちゃではないことを知っているからだと言いました。ユーザーは主観的に特定の個性を与えることを好み、AIテクノロジーを使用することで、実際に個性を「作成」することができます。

携帯電話などのスマートデバイスにAPPをインストールすれば、「怒り」「憂鬱」など、自分だけのリアルラブドールの感情をカスタマイズできます。ただし、このアプリには明らかに子供向けの不適切なコンテンツが含まれています。GoogleまたはAppleのオンラインストアでの販売は禁止されており、AbyssCreationsの下でRealbotixから直接購入することしかできません。

マットはハーモニーのために「嫉妬」をカスタマイズし、時々彼女は少し厳しいスコットランドのアクセントで「その女の子をオフにしてください!」と言いました。

彼女は話をして、SF映画、そしてもちろんマスターが大好きだと言うことができます。彼女は他の人とコミュニケーションをとる過程でコミュニケーションを学ぶことができます。しかし、誰かが彼女に嫉妬するのはどんな感じかと尋ねると、彼女は自分のスキルを向上させる必要があると言って申し訳ありませんでした。

AIが社会に与える影響を研究しているロボット倫理学者のキャスリーンは、このセックスロボットに失望しています。数年前、彼女はセックスロボットの使用に反対するキャンペーンを開始しました。彼女の意見では、AI技術はこれらのリアルドールに人間性を加えることはできず、洗濯機のAI技術のコンテンツでさえそれらよりも高いです。人の顔や体は、人間性を持っているという意味ではありません。

彼らは人間のように見えますが、それは問題です。ロボットは非常に現実的であるため、人間はそれらを見ることにワクワクすることがあります。これは有名な「恐怖の谷」理論です。1969年、日本のロボット工学者の森博嗣は、ロボットと人間の類似性が一定の限界を超えると、人間はそれらに憤慨し、極度の恐怖を生み出すという考えを提唱しました。
しかし、多分私たちはこれらのセックスマシーンにあまりうんざりするべきではありません。私たちはただの感情的な動物であり、愛と栄養を持って生きることができます。一部の人々にとって、この種のロボットは彼らの生存をサポートしています。

マット氏は、これらの顧客は「完全に普通の人々」であり、妻と一緒にラブドールを集める人もいると述べたが、多くの顧客が普通の女性に恋をすることができないことも認めたため、そのようなリアルドールを購入することにした。

どぅでしたか?ラブドールの成長は日々進化しております!知る人ぞ知る!!知らない人は損をするかもしれないほどです。最近のラブドールは人に近ずいてます!!最近のラブドーラーについて色々調べてみるのも良いかもしれないですよ!レッツ!!ラブドールとSEX!!

ラブド-ルの高価買取、無料処分はブルーティアーズにお任せください!!

 

各種メーカーのラブドール買い取り、買い替え、買い増し、里親探しはお気軽にブルーティアーズに御相談下さい!!

その他の記事

ラブド-ルで学ぶ心理学!!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールの心理とは!!》 ラブド-ルは、昔ながらの硬いものから非常に柔軟なものまで、間違いなく長い道のりを歩んできま... 続きを読む

ラブド-ルが社会に馴染む?!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが社会の一部に!!》 私たちの人生のある時点で、私たち一人一人がセックスとそれに関連する喜びについて深く考え... 続きを読む

ラブド-ルは何故、忌み嫌われるのか?

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが嫌われる時代が終わるかも?!》 大人のおもちゃ業界は活況を呈しており、シリコーンのラブド-ルは、さまざまな... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”