あなたはウィッグ派?植毛派?

ブログ, ラブドールお役立ち 2022/06/01

この記事をシェアする

《ラブドール植毛 とウィッグの違いについて!!》

ラブドールの髪の毛の植毛を選ぶ際に、その毛質について悩まれる方が多いのではないでしょうか?

人毛と人毛ミックス、人工毛と色々あるけれど、いったいどんな毛質を選ぶべきなのか?そのメリット・デメリットは?

今回は、人毛、人毛ミックス、人工毛の髪の毛の植毛のオプションについてそれぞれの特徴、おすすめの選び方を解説いたします。

○ 毛質について
弊社のリアルドールの髪の毛の植毛に使用される毛材(毛)は、人毛か人工毛(多くはポリエステル)のどちらかです。

その組み合わせや種類によって次のような5種類に分けることができます。

○ 人工毛の特徴
人工毛はポリエステルやアクリルで作られる人工繊維です。

▼ メリット
1. 安価であることと、形状記憶繊維を使用することによりスタイルをキープできること
2. また、100色を超える色、その組み合わせ、染色からカラーバリエーションが豊富

▼ デメリット
デメリットとしては、人工毛特有の光沢(テカリ)があること、長期間使用すると人工毛が劣化して絡まりが出ることなど

▼ 種類
人工毛の種類では、日本のカネカ社が生産するカネカロンや韓国製、中国製などの様々な種類がある

▼ 耐熱・非耐熱
1. 耐熱性・非耐熱性があり、耐熱性のものはドライヤーやアイロン、コテなどの使用が可能
2. 耐熱性の場合は「耐熱180度」などのように上限の使用可能な温度設定がされている

▼ 難燃性・非難燃性
1. 難燃性・非難燃性があり、難燃の場合は、人工毛に火がついても燃え広がらずに炭化し火が消える
2. 非難燃性の場合は速やかな消火が必要

すべての人工毛で耐熱性を使用しています。また、難燃性のカネカロンをほとんどの製品にミックス使用しています。日本製のカネカロンを中心に、いくつかの他の種類の人工毛、3色以上のカラーをミックスして使用しているのですが、様々な種類をミックスする理由は、光沢の軽減とタッチの良さの両立です。

人工毛の光沢(テカリ)の原因は太陽光や照明が人工毛に当たって反射することによるもので、様々な種類の人工毛をミックスすることにより、様々な太さ・形状の人工毛を入れ反射を一定の方向でなく分散させることができ、テカリの軽減につながります。

他にも、一定の割合で加工した人工毛(ちぢれさせたり、目に見えない細かい凹凸を加えた人工毛)をブレンドすることにより、自然な人工毛を作っています。

○ 人毛の特徴
人の髪の毛を使用します。

▼ メリット
1. 自然な光沢、肌あたりの優しさ、傷んでもトリートメントなどで補修できる
2. 正しくメンテナンスをすれば1年以上使用できるなど、耐久性も高い

▼ デメリット
デメリットとしては着用前のスタイリングが必要であること、メンテナンスにある程度の習熟が必要であること、高価であること
(人毛の特性として長くなればなるほど高価になっていき、たとえば100cmを超える高級人毛は本当に100万円以上します)

▼ 種類
1. 人毛は集められた際に、その毛質やカラーによってグレード分けされます。
2. 人毛のグレード分けには様々な観点があり、人毛のハリやコシ、ストレートの状態、若い方の人毛なのか高齢の方の人毛なのか、栄養状態はどうか、カラーリングをしたことのある髪の毛なのか、などが基準となります。
3. グレードが良いものはREMY人毛(レミー人毛)などの最高級人毛として使用され、低グレードの人毛は化学処理を施してすべてのキューティクルを溶かし、ノーマル人毛として使用されます。

そして、人毛のからみの原因となるものはたいていキューティクルです。キューティクルは人毛の表面にある、うろこ状の膜で7〜14層から成り立っています。キューティクルはうろこのように方向性があることから逆方向のキューティクルが混じっていると、うろこ同士が逆方向にはさまってしまい、からみの原因となります。

○ ノーマル人毛100%の特徴

比較的低グレードの人毛から作ります。

人毛の方向(キューティクルの方向)が揃っていない毛も混じっていることから、いったんすべてのキューティクルを削除します。

またカラーもいったんすべて脱色したあとに、規定のカラーに再染色をしていきます。キューティクルをすべて削除しており、耐久性においてはREMY(レミー)人毛に劣りますが、価格は人毛の中では比較的安価です。

リアルドールのショートからボブくらいまでには使いやすい毛質で、パーマも可能ですが、比較的傷みやすい毛質ですのでおすすめはいたしません。カラーリングは、色を暗く染めることは問題ありませんが、色を脱いて明るくする施術には不向きです。

○ 人毛ミックスの特徴

人工毛とノーマル人毛をミックスして使用します。

人工毛独特の光沢を人毛をミックスすることにより軽減しており、また人工毛がはいることによりある程度スタイルもキープしますので、多様なデザインが可能です。

人毛100%よりも、メンテナンス、スタイリングなどの面で扱いやすくウィッグが初めての方などにおすすめしやすい毛質です。同様に、ミックスするの髪の毛の植毛をするリアルラブドールは、お手入れが簡単です。

まとめ

・人工毛は安価で、安く使い倒したい方にはおすすめである。
・人毛を使ったのは、人工毛に比べると高価であるが、ウィッグ特有のテカリなどもなくすごく自然。
・人毛ミックスのは人工毛と人毛の良いとこどりをした毛質である。ただ、ラブドール市場は、こんな髪の毛の植毛オプションまだ開発していませんね。

どぅでしたか?ウィッグも植毛も良し悪しがあります!なので自己主張の毛髪ラブドールについて色々調べてみるのも良いかもしれないですよ!レッツ!!ラブドールとSEX!!

ラブド-ルの高価買取、無料処分はブルーティアーズにお任せください!!

 

各種メーカーのラブドール買い取り、買い替え、買い増し、里親探しはお気軽にブルーティアーズに御相談下さい!!

その他の記事

ラブド-ルで学ぶ心理学!!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールの心理とは!!》 ラブド-ルは、昔ながらの硬いものから非常に柔軟なものまで、間違いなく長い道のりを歩んできま... 続きを読む

ラブド-ルが社会に馴染む?!

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが社会の一部に!!》 私たちの人生のある時点で、私たち一人一人がセックスとそれに関連する喜びについて深く考え... 続きを読む

ラブド-ルは何故、忌み嫌われるのか?

2022.06.26 ブログ
《ラブドールが嫌われる時代が終わるかも?!》 大人のおもちゃ業界は活況を呈しており、シリコーンのラブド-ルは、さまざまな... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”