本日のBlue-NEWS 夕刊

ブログ 2022/04/30

この記事をシェアする

【女子軟式テニス部の高校生を乗せたバスに赤信号無視の大型SUVが衝突 男を逮捕 スマホ脇見運転なのか?!】

千葉県四街道市の交差点で軟式テニス部の女子高校生を乗せたバスと大型SUVが衝突し、高校生ら10人がけがをしました。

29日午後2時前、四街道市大日の交差点で県内の高校の軟式テニス部の女子高校生らが乗るバスと大型SUVの「ハマー」が衝突し、高校生8人を含む10人が軽いけがをしました。

警察は、SUV側が赤信号を無視して交差点に侵入したとして、運転していた千葉県佐倉市の自称無職の山本健太容疑者(33)を危険運転傷害の疑いで30日朝、逮捕しました。

山本容疑者は「納得できない」などと容疑を否認しているということです。

 

 

 

【「免疫獲得できない」「将来重症化の懸念」子供のマスク着用で知っておきたい思わぬ“副作用” 日本はどうなるのか?!】

「免疫獲得できない」「将来重症化の懸念」子供のマスク着用で知っておきたい思わぬ“副作用”

■「大人が子どもの変化に気づけない」

ーー子どものマスク着用に関しては、厚労省は「保育所では二歳未満には着用推奨せず」としています。WHO世界保健機関は「原則5歳以下は適切に使用できない可能性があり、着用すべきではない」と助言しています。基準が様々で、子どもへのマスク着用を迷われる保護者は多いようです。

小児科の先生方は、子どもへのマスクはやっぱり危険だという方が多くいらっしゃいます。ですので、子どもへのマスク着用のあり方は見直していかなきゃならないことじゃないかと感じています。

ーー具体的にどんな危険があるのでしょうか?

子どもたちには、マスクをしていなくてはいけないというプレッシャーがあります。そんな中で、嘔吐物などが出たとしても、大人は非常に気づきにくいです。あとは、酸素が十分に取り込めないような息苦しい状況も、マスクの外から見るのではわかりにくいです。子どもはかなり動き回ります。そういう場合に、酸素が足りなくなって、苦しい状況になるっていうのは非常に危険です。

ここでいう子どもとは、幼児から小学校低学年くらいのことを指しています。息苦しいなど言葉でしっかりと伝えられるか、小学校高学年と低学年とではマスク着用を適切にコントロールできるかが異なるため、リスクの度合いも変わってきます。

加えて、やっぱり子どもの成長過程でですね、マスク着用のような制限があるというのは、精神面でも、顔の表情を読み取るという面でも、非常に厳しいと思います。

■「マスクをしても感染リスクは大きく変わらない」

ーーでも、マスクをしないと感染リスクが高まるから不安と感じる方は多いと思います。

マスクをしたからといって感染対策に十分なのかということがあります。子どもは長時間、適切にマスクの着用をすることが非常に難しいんですね。ずれてしまうこともあります。もしそうであれば、マスクをしても、しなくても、リスクは大きく変わらないので、小さな子どもはもうマスクを外して、過ごすということでいいのではないかと思います。

ーー保育園、幼稚園、学校など、集団感染を防ぐ、また濃厚接触者とならないためにマスクが必要との考えもあるようです。

集団生活をしているのであれば、集団的な感染が起こるということも想定しておかなくてはならないと思うんです。その場合にもですね、子どもたちは比較的軽症で済むことがわかってきています。例えば集団で感染が起きた場合には、今までも風邪などで行っていたような、学級閉鎖などの対応策をとって子どもへの影響を少なくしていくということなんだと思います。

■「免疫が獲得できない」「将来重症化の懸念」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
マスク生活も3年目を迎えた。感染予防対策として大切であることはもちろんだが、一律にマスク着用を推奨することへのリスクを指摘する声も出てきている。

その中で特に懸念されているのが「子ども」への影響だ。マスク着用による感染対策の有効性を認識したうえで、あえて子どもには一考すべきどんな危険があるのか。東邦大学感染制御学・小林寅喆教授に聞いた。

ーーマスクのおかげか、私の娘(3歳)も風邪をひきにくくなって、良かったのかなとも感じていたんですが、間違いでしょうか?

小さい頃に、鼻風邪など流行っている感染症にかかっておくということも大事なんです。一般的には大体10歳くらいまでに様々なウィルスに感染して、免疫を獲得したほうが良いとされています。小さい頃というのは感染しやすい状況で、軽症で済むことが非常に多いです。ですので、子どもの間に、感染をして、軽症で済ましておけば、大きくなったときや、再度感染したときに重症化しない免疫を獲得しておけます。子どもがいろんな免疫を獲得しておくということは将来のために大事だということです。

▼日本小児科学会からの提言
(公益社団法人 日本小児科学会HP『乳幼児のマスク着用の考え方』より)

乳幼児は、自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、自分でマスクを外すことも困難です。また、正しくマスクを着用することが難しいため、感染の広がりを予防する効果はあまり期待できません。むしろ、次のようなマスクによる危険性が考えられます。

・呼吸が苦しくなり、窒息の危険がある。
・嘔吐した場合にも、窒息する可能性がある。
・熱がこもり、熱中症のリスクが高まる。
・顔色、呼吸の状態など体調異変の発見が遅れる。

特に、2歳未満の子どもではこのような危険性が高まると考えます。
子どもがマスクを着用する場合は、いかなる年齢であっても、保護者や周りの大人が注意することが必要です。感染の広がりの予防はマスク着用だけではありません。保護者とともに集団との3密(密閉、密集、密接)を避け、人との距離(ソーシャル・ディスタンス)を保つことも大切です。

ベビー用等小さいマスクの型紙紹介、販売等がなされていますが、乳幼児へのマスク着用にはマスクの大きさにかかわらず上記の危険性があります。十分に留意しましょう。

 

 

 

買い替え、買い増し、里親探しはお気軽にブルーティアーズに御相談下さい!!

その他の記事

さぁ!ラブドールを購入しよう!!

2022.05.17 ブログ
《どこでラブドールが買えますか?》 1.地元の風俗店 先進地域出身で、お住まいの地域に風俗店が多い場合は、ラブドールも販... 続きを読む

ラブドール・ブランド Vol.4

2022.05.17 ブログ
ラブドールのブランドメーカーを振り返ってみましょう!! 今回はラブドールメーカーの種類最高峰『WMDOLL』 WM人形は... 続きを読む

あなたの発情期は?

2022.05.17 ブログ
《あなたの性欲は年中ありますか?》 可愛い女の子の方が人気ですか? あなたが美しい女の子、またはハンサムな男の子であるな... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”