中国のラブドール市場が盛り上がっている理由とおすすめメーカー14

ラブドールお役立ち 2022/04/28

この記事をシェアする

これまで日本と欧米でシェアを占めていたラブドール市場ですが、今では中国製のラブドールが市場を席巻しています。

人間に近い肌感を実現した製品をリーズナブルな価格で発表している上、

ハイクラスでは最新技術(AI)を搭載したドール(アンドロイド)を開発するなど、ラブドールに詳しい人の中でも中国製をおすすめする人が増えているのが現状です。

 

ここでは、中国製のラブドールが人気になった理由と、おすすめの中国ラブドールメーカーについて書いていきます。皆さんも製品を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

中国のラブドール市場について

日本のラブドールは、その本物っぽさと精巧さに裏打ちされた、品質の高さで高い評価を得てきました。

しかし、ここ数年で主要生産国として知られるようになってきたのが中国です。

 

ここでは、中国で盛んになってきた理由を紹介していきます。

 

中国のラブドール市場が盛んな理由

中国でここまでラブドール市場が盛んになったのは、そのクオリティーと先進的な開発姿勢にあります。

価格も日本のものより安い上に高品質で、ラブドールの製造技術とその可動性を活かしたAIを搭載したアンドロイドの開発が進むなど、

これまでのラブドールのイメージを覆すような商品開発が進行中です。

 

そのため、世界各国から多くの注文を集めています。

 

中国のラブドールは日本のラブドールよりメリットが多い?

中国のラブドール製造会社は、中国のベンチャー市場に株式を上場する会社が現れるなど、市場を席巻しています。

ここでは、中国のラブドールが日本のラブドールよりメリットが大きい理由について見ていきましょう。

 

価格

その人気の理由として、真っ先に挙げられるのが「低価格」という点です。

日本で有名なオリエンタル工業のラブドールが20~60万円くらいの値段であるのに対し、中国の有名メーカーでは約17~40万円前後なので、かなりの安価で購入できます。

 

ディテールにこだわっている

次の理由としては、ディテールへのこだわりがあります。

人形の中に骨に相当する部分があるので、自由に体位を変えることも可能です。

 

その他にもAI搭載のドールがあるなど、最新技術搭載のドールを安価で提供できるのは強みでしょう。

 

アフターサービスがある

 

ラブドールで困るのは、頼んだものと違うものがきた場合や故障した場合の問い合わせ先です。

中国製を購入した場合は、中国のサポートセンターに問い合わせをしますが、日本語対応をしているところもあるので、安心して使えます。

 

中国の代表となるラブドールメーカー

 

中国のメーカーも高品質なラブドールを作るようになってきました。

ここでは、有名な中国のラブドールメーカーを紹介していきます。

 

4woods(フォードールズ)

 

いわゆる等身大サイズのラブドールを作っているメーカーで、最近では外国人やアニメキャラなどの2次元キャラにも力を入れています。

オーダーにも応えてくれるので、こだわりがある人にとっては第一の選択肢です。

 

RZRDOLL(人造人)

 

もともとは映画のモデル道具メーカーから始まり、2016年頃からラブドールを製造しはじめました。

さまざまなポーズを取れる点、オーダー・発送・サポートまで一括している点でも人気です。

 

SINO-DOLL(シノドール)

 

SINO-DOLLは、2008年に製造をはじめたメーカーです。

高価なプラチナシリコンを使っているおり、触り心地など作りもしっかりしています。

 

好みのオーダーも可能で、比較的安価で購入可能です。

 

SANHUI DOLL(サンハイドール)

 

2012年に、「SANHUI DOLL(サンハイドール)」というオリジナルブランドを設立して、本格的に市場への参入を開始したメーカーです。

 

医療用シリコンを使うなど耐久性が高いものを、20万円以下の安価で購入できます。

 

Wmdoll

 

2011年に中国で初めてラブドールの生産に踏み切りました。

中国最大のTPEラブドールメーカーで、海外では「Wmdoll」と呼ばれています。

 

6ye doll

6ye dollは、Wmdollと並ぶ中国でも有名なTPEラブドールメーカーです。

 

主に発売されているラブドールは、華奢なスタイルのアジア人を再現しています。

 

JY doll

JY dollは主に中国国内で販売しているメーカーです。

 

Wmや6yeと異なり海外には力を入れていませんが、中国国内では上位3社に入るトップメーカーです。

 

Exdoll

もともとは「dsdoll」というブランドから始まり、2014年に「Exdoll」というブランド名に変更しました。「Ex」は優秀さという意味の「Excellence」が由来です。

 

「もっと美しく、もっと精巧に」というのがモットーで、触感に特徴があります。

 

Mdoll

中国では「艾魅ラブドール」という名称で知られています。親会社の「艾魅」はAI設備を生産する企業で、人工知能シリコンラブドールの開発を目指しているメーカーです。

 

実際、良質な原材料を使って肌感を再現していることで、高い評価を得ています。

 

Irontech Doll

Irontech Dollは、中国にあるラブドールメーカーの中でも後発組です。

 

その分、多くのファッション雑誌やモデルから流行の分析をして、多くのニーズを取り入れていることから、高い評価を得ています。

 

QITA Doll

QITA Dollは、中国でも有名なデザイン会社を統合して設立されたメーカーです。

 

ラブドールもデザインにこだわった作りをしているので、一味違うものを求めている人におすすめします。

 

Elsa Babe

Elsa Babeは、2017年に設立された若い会社で、アダルト製品やシリコンラブドールの研究開発設計・生産に力を入れています。

 

アニメ制作にも力を入れているだけあり、アニメ・ゲーム内の美少女を3Dで再現できることがその強みです。

 

HRDoll

HRDollは、高級感あふれるデザインが特徴です。

 

同社で作られているラブドールは、欧米の女性をモデルにしたものがメインになります。

 

CLIMAX DOLL

 

CLIMAX DOLLがラブドール市場に参入したのは2014年なので、ラブドールの製造メーカーとしては中堅どころといえるでしょう。

若い女性や豊満な女性のラブドールが多く、そうした製品を好む人に定評があるメーカーです。

 

市場が拡大するラブドール産業

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、風俗店にいく機会が減ったことで需要が増えたとされるラブドール。

長年、オリエント工業など日本製が高い評価を得てきた中で、近年では中国製のラブドールに人気が集まっています。

 

日本市場を狙っていることもあり、日本語のサポート対応を増やしたり高品質な製品を作って市場に投入しているので、

ラブドールが欲しい人にとっては中国製品を選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

 

ブルーティアーズでは、新旧国内外問わずあらゆるジャンルのラブドール買取を行っております。

劣化や破損など買い替えのタイミングやラブドールを緊急処分したい方などに向けて

高価買取、処分をを行っております。

ご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

ラブドールの買取・処分について詳しく見る。

 

その他の記事

さぁ!ラブドールを購入しよう!!

2022.05.17 ブログ
《どこでラブドールが買えますか?》 1.地元の風俗店 先進地域出身で、お住まいの地域に風俗店が多い場合は、ラブドールも販... 続きを読む

ラブドール・ブランド Vol.4

2022.05.17 ブログ
ラブドールのブランドメーカーを振り返ってみましょう!! 今回はラブドールメーカーの種類最高峰『WMDOLL』 WM人形は... 続きを読む

あなたの発情期は?

2022.05.17 ブログ
《あなたの性欲は年中ありますか?》 可愛い女の子の方が人気ですか? あなたが美しい女の子、またはハンサムな男の子であるな... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”