本日のBlue-NEWS

ブログ 2022/04/25

この記事をシェアする

【母親の遺体を自宅に遺棄か 49歳の息子を逮捕 埼玉・春日部市 困窮していたのか?!】


埼玉県春日部市の自宅で、79歳の母親の遺体を遺棄したとして、49歳の息子が逮捕されました。
死体遺棄の疑いで逮捕された春日部市に住む職業不詳の荻野成訓容疑者(49)は、同居していた79歳の母親の遺体を自宅に遺棄した疑いが持たれています。
警察によりますと、荻野容疑者は23日の夜、路上に止めた乗用車の中にいたところを警察官に職務質問され、その際、警察官が不審に思って自宅を訪れたところ、母親の遺体がみつかったということです。
取り調べに対し、荻野容疑者は、黙秘しているということですが、警察は、荻野容疑者が母親が死亡した経緯を知っているとみて調べています。
埼玉県春日部市で、79歳の母親の遺体を自宅に遺棄したとして息子が逮捕された事件で、司法解剖の結果母親の死因は窒息死だったことが分かりました。
この事件は、春日部市の職業不詳、荻野成訓容疑者(49)が、同居していた母親の礼子さん(79)の遺体を自宅に遺棄した疑いで逮捕されたものです。
警察によりますと、礼子さんの遺体は自宅の1階であおむけに倒れていて顔にあざがあり、死後数日以内とみられていますが、司法解剖の結果、死因は、首を圧迫されたことによる窒息死だったことが分かりました。
調べに対し荻野容疑者は黙秘しているということですが、警察は殺人の疑いも視野に調べを進める方針です。

【急な人の飛び出しなどを連続で回避 最新運転支援技術を発表 日産 流石やっちゃえ日産!!】

日産自動車は、急な人の飛び出しなどを連続で回避する最新の運転支援技術を発表しました。各自動車メーカーの最新安全技術は、ここまで進化しています。
道路を直進する車。バックして出てきた車を自動で素早く避けます。その直後に飛び出した子供の模型も…
樫尾昂記者
「次々と起こる不測の事態を回避することができました」
日産が25日に発表した最新の運転支援技術。赤外線を使って立体的に計測する次世代のセンサー技術などを組み合わせたもので、人の運転では避けることが難しい事故リスクを瞬時に分析。これまでは対応が難しかった連続で起こる複雑なリスクを、自動で避けるといいます。また、従来は認識しづらかった300メートル先の物体を正確に捉えることで、高速道路などでも安全に対応できるとしています。
日産自動車 AD/ADAS先行技術開発部 飯島徹也部長
「誰よりも早く安全な自動運転を世の中に届ける、そこを何としてもやり抜いていきたい」
日産は、こうした技術を2030年度までにはほぼすべての新型車に搭載し、事故防止や自動運転に活用する方針です。
自動車業界では、ホンダが世界で初めてAI=人工知能を使った運転支援技術を発表するなど、各社の開発競争が激しさを増しています。

買い替え、買い増し、里親探しはお気軽にブルーティアーズに御相談下さい!!

その他の記事

寂しい時こそラブドール!!

2022.05.19 ブログ
《ラブドールと孤独な所有者の日記》 市内の孤独な人々は、ラブドールへの愛情を固定し、歩き、食べ、人形と一緒に映画を見て、... 続きを読む

ラブドール・ブランド Vol.8

2022.05.19 ブログ
ラブドールのブランドメーカーを振り返ってみましょう!! 今回はラブドールメーカーの美女最高峰『PIPERDOLL』 『彼... 続きを読む

ラブドールはあなたの一部ですか?

2022.05.19 ブログ
《ラブドールは性的パートナーだけではありません》 ラブドールのユーザーに対するほとんどの人の印象はオタクであり、通常は女... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”