ラブドールの小型化と素材の変化

メーカー雑感 2021/12/03

この記事をシェアする

ラブドールの新たな市場開拓と可能性

飽和状態のラブドールですが、ここ最近、ミニドール化が進んでいます。

球体間接人形は1/3サイズからやや大きめまで独自のファンがいますが、ここに来てラブドールメーカーもそんな市場に参入しつつあります。

DollHouse168やPipreDollをはじめとしてRealGirlも頭部がプラスチックでボディがシリコン製という観賞用とも思える身長72cmのモデルを発売しております。

もちろん、実践は可能ですが部屋に服を着せて飾っておけば誰もラブドールだとは思わないでしょう!

確かにプラスチックという素材の併用は耐久性と軽量化につながり、今後、等身大ラブドールにも部分的に採用されそうです。

またシリコン製ラブドールもシリコンの種類や内部構造の軽量化でより軽くなり、ラブドールの問題である重さからも開放されるでしょう!

目が離せない中華ドールですが今後の新モデルに注目していきたいです!

ツイッター
インスタ

ツイッター
インスタ

その他の記事

寂しい時こそラブドール!!

2022.05.19 ブログ
《ラブドールと孤独な所有者の日記》 市内の孤独な人々は、ラブドールへの愛情を固定し、歩き、食べ、人形と一緒に映画を見て、... 続きを読む

ラブドール・ブランド Vol.8

2022.05.19 ブログ
ラブドールのブランドメーカーを振り返ってみましょう!! 今回はラブドールメーカーの美女最高峰『PIPERDOLL』 『彼... 続きを読む

ラブドールはあなたの一部ですか?

2022.05.19 ブログ
《ラブドールは性的パートナーだけではありません》 ラブドールのユーザーに対するほとんどの人の印象はオタクであり、通常は女... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”