ラブドールの市場変化

ラブドール諸問題 2021/10/24

この記事をシェアする

バカ売れ状態のラブドール

現在、ラブドールは一日に50体、年間2万体が販売されています。

TPE製ラブドールの開発で中国製ラブドールが安価で購入できるようになったのが3年前からでそこから現在まで右肩上がりの販売数が続いております。

確かに、中古市場も4年前は中古ラブドールが月に20体買取ペースでしたが3年前には月に60体、現在では100体オーバーの買取数です。

ラブドールは素材のの性質上、耐久性にも問題があり、購入から数ヶ月で処分する方と買い替えする愛好家も徐々に増えています。

生産国の中国も日本人好みのヘッドやロリっ子を次々に投入してより幅広い層を取り込んでいるのも販路拡大に成功した秘訣かもしれません。

コロナもこのまま収束に向かえばリアルな風俗への回帰もありますが後数年長引けばラブドールは益々ニーズを拡大し日本中に溢れかえるでしょう!

このラブドール増殖のあおりを受けた方!里親探しは弊社が担当させていただきます!

ツイッター
インスタ

その他の記事

ラブド-ル=変態?!

2022.06.25 ブログ
《ラブド-ル所持者は変態?!》 ラブド-ルの歴史 男性は性的な動物であり、身体的、精神的、心理的な健康のために定期的なセ... 続きを読む

WMのラブド-ルが人気の理由!

2022.06.25 ブログ
《WMのラブド-ルリアルより大きめ?!》 中国の会社WM人形は広州Shaxi市にあります。 ソフトエラストマーシミュレー... 続きを読む

ロリラブド-ルが売れる日本?!

2022.06.25 ブログ
《日本はロリラブド-ルが好きだった?!》 日本では、若い女の子を真似て、高価な人形を持って暮らす男性もいます。 彼らはす... 続きを読む
”電話”
”メール”
”ライン”
”電話”
”メール”